株式会社大協製作所は、亜鉛めっき、カチオン電着塗装、バレル研磨など、最先端の表面処理技術で、地域・社会に貢献します。

株式会社 大協製作所

045-351-1121

亜鉛ニッケル合金めっき

TOP > 製品情報 > 亜鉛ニッケル合金めっき

亜鉛ニッケル合金めっきとは?

亜鉛ニッケル合金めっきは、低ニッケルと高ニッケルに分類されます。
高ニッケルは、ニッケル共析率が12%~18%と、この3種類の中で最も耐食性がいい条件です。
さらに亜鉛ニッケル合金めっきは、亜鉛めっきより、耐食性が非常に優れています。
めっき上がりで亜鉛めっきを遥かに超える耐食性を実現しており、3価クロメートを行なうことで、赤錆発生時間が1,000時間を越える耐食性となります。

亜鉛ニッケル合金めっきの優れた特性

1.めっき単独の耐食性が亜鉛系合金めっきの中で、ダントツの性能を誇る。

2.高温環境での耐食性が優れている。(200℃、4時間の加熱後にSSTを実施しても耐食性に影響を及ぼさない。)

3.ビッカース硬さ(Hv)が亜鉛めっき120~160に対し、350~450と約3倍。

主な用途

自動車部品

塩水噴霧試験

亜鉛ニッケル合金めっき外観比較

3価クロム化成皮膜処理(3価クロメート)

黒色3価クロム化成皮膜処理(3価黒クロメート)