株式会社大協製作所は、亜鉛めっき、カチオン電着塗装、バレル研磨など、最先端の表面処理技術で、地域・社会に貢献します。

株式会社 大協製作所

045-351-1121

バレル研磨

TOP > 製品情報 > バレル研磨

バレル研磨とは?

研磨槽(バレル槽)の容積に対して工作物、研磨石(メディア)、コンパウンド溶液を所定の割合で混合し、研磨槽の運動によって起こる相対運動差を利用して研磨する方法です。

研磨槽、内容物の運動形態としては回転、振動、渦流、遠心(高速遊星運動)などがあり、研磨槽の形状(機種)も運動形態によって異なります。
研磨目的としては、バリ取り、R付け、平滑化、スケール取りなどによく使用されています。

バレル研磨とは?

バレル研磨の優れた特性

1.大量の品物を同時に均一に仕上げることができる。

2.仕上がりが均一で複数の目的を同時に達成することができる。

主な用途

自動車、車両、電気、電子、産業機器、住宅機器、etc

当社で処理可能な研磨の種類

研磨機種類
加工説明
研磨方式
目的
回転型研磨

メディアを入れず、ワーク同士の共擦りによって研磨加工します。

回転式

バリ取り

CR型研磨

ワークとメディアが相互摩擦する事によって研磨加工を施します。
作業にムラが無く最も安定した研磨が行えます。

回転式

R付け

ショットブラスト

単にブラストとも呼ばれ、投射材(メディア)と呼ばれる粒体をワークに衝突させ、ワークの加工等を行う手法です。

-

金属熱処理後の酸化膜スケールの除去

バレル研磨比較

回転型研磨

準備中

CR型研磨

ショットブラスト

準備中